昨年リングの修理でお越しいただいたお客様が再度横浜芹が谷店にご来店下さいました。

今回も同じリングの修理ですが、今回は重度のダメージを負った状態でのお持ち込みです。

これがお預かりした際のリングの状態です。
かなりの変形とそれに伴う亀裂がいくつも走っていますね。
修理の仕方ですが、変形直して亀裂を一つ一つ埋めることも可能ですが、結構な時間がかかってしまい
総じて金額も高くなってしまいます。
時間とお金をかける割には元が脆弱なため、また同じことにもなりかねないので、今回は思い切って腕交換を
お勧めしました。
この方が厚いところから同じ厚さでしっかり作れて、亀裂や変形にも強くなりますからね。
これに同意いただいたので、施工開始です。

銀の板を厚さと長さを計算して出し、丸めて後は現物合わせして
丸めて仮付けしたところです。
向かって右側の方がダメージが大きかったので、より多く亀裂部分を切除したため均等にはなっていません。

元の腕と比べたらしっかりしているのがお分かりいただけると思います。
これをしっかりロー付け(溶接)して整形です、サイズの微調整は済ませてあります。

最後にきれいに磨いて終了です。
完全に新しく生まれ変わりましたね。
これでちょっとやそっとの衝撃ではビクともしないと思います・・・が無理は禁物です。
2個のモノを1つにしているので、大きな力が加われば亀裂などの原因になります。
身に着けているときは、少しだけ気を付けて下さい。

金額です

シルバーリング腕交換 15000円
※税等別途
※金額は一律ではありません、諸条件により変動いたします。

※こちらの事例と似た修理リフォームのお問合せの際には、【投稿日】と【タイトル】をスタッフまでお知らせください( ⁎ᵕᴗᵕ⁎ )