閉店間際に息を切らして横浜芹が谷店へ文字通り駆け込んで来てくださいました。
先ずは画像と工程から

ご覧ください、何の変哲もない石や凝った造りもないただのシルバーリングです。

分かりにくいですが変形して少し浮いてますね、これをなまして柔らかくしてから変形を直します。

平らになりました、この後カットして、まっすぐに伸ばします。

元の刻印ですが、今回の施工により内側に板を張るのでこれは完全に見えなくなってしまいます。

画像下段の板が厚さ0.5ミリの板で、これを既存のリングに貼り付けます。
うっかり大事なところの画像を忘れてしまいましたが・・・貼り付けて余分なところをカットし
丸く整形して、最後にロー付けしてリング形状にします。
ここから更に余分なところをヤスリで少~~しずつ削って本体のラインと合わせます。
そしてそれら工程を経てこうなりました。


元の厚み0.4~0.5ミリ+今回の0.5ミリで約1ミリほどの厚さになり、歪んでいた形もきれいな丸になりました。
サイズは13号です。
これで割れる心配はなくなりましたので、今まで通り身に着けていただけることと思います。
金額です
SVリング再生一式 15000円
※税等別途
※金額は一律ではありません。

今回のリング修理にあたり何店か問い合わせ、相談したらしいのですが
対象がシルバーのリングであるためにどこも首を縦に振ってもらえなかったそうです。
確かに私どもの業界で、メインに扱うものはK18・Pt900などいわゆる貴金属が大半ですからね・・・
しかし、河原宝飾では銀でも施工可能です!※条件によってNGもありますが・・・
話を聞くと、お母さまの形見とのこと・・・
しかもお母さま、ご本人様と合わせて少なくとも30年間は身に着けたままだそうで、本来は表面に*のようなデザインが
1周ぐるりと彫ってあったらしいのですがなんの面影もありませんでした、相当使いこまれていますね。
変形もしてしまい、今にも割れてしまいそうだから何とか再生して欲しいという切なるご依頼でした。
迷いましたよ、万が一のことが起きた場合、絶対にとって代わるものがありませんからね。
でもさんざんあちこち問い合わせて断られてを繰り返し、弊社の過去事例などを参考に、
息を切らして駆け込んで来てくれた想いもありましたので再生プランをご説明し、
ご了承いただいたのでお受けさせていただきました。
末永く身に着けていただき、またなんかあったらご相談ください!

※こちらの事例と似た修理リフォームのお問合せの際には、恐れ入りますが【投稿日】と【内容】をスタッフまでお知らせください( ⁎ᵕᴗᵕ⁎ )