Before1

Before2

After1

After2


三鷹市からのご来店です。切断されたリングをお持ちいただき、サイズ伸ばしのご依頼を受けました。
このリングには「Pd750 Pt250」という刻印がありました。

これは珍しいですね。Ptはプラチナですが、Pdとはパラジウムという金属になります。
パラジウムとは主にホワイトゴールドを作るため、金に混ぜられる「割金」というものに使用される白色の金属です。
つまりこちらは「パラジウム75% プラチナ25%」ということになりますね。
当社も様々なリングを直してきましたが、普段は割金に使用されるパラジウムをメインに使った
リングは初めてですね。調べてみるとプラチナより安価で製作できるので、
少しずつですが出てきてはいるようです。

こちらのサイズ伸ばしの場合、伸ばす分の地金はPt900を
使用いたします。見た目に大きく変わることはございませんが、溶接した部分であるロー目
と呼ばれるものがはっきり出る場合がございますので、ご了承ください。
今回はロジウムメッキも使用したので、ほとんど目立つことなく直すことができました。
パラジウムはとても硬い金属なので、形を整えるのに非常に手間がかかり、どうしても通常の
サイズ直しと比べて割高にはなってしまいますが、それでも買うことを考えればお安くはなります。
もしこのようなリングなどでお困りのことがあれば、遠慮なく河原宝飾にご相談ください。

料金です
・修復加工(例外地金)・・・15,000円
※別途消費税がかかります。

※こちらの事例と似た修理リフォームのお問合せの際には、【投稿日】と【タイトル】をスタッフまでお知らせください( ⁎ᵕᴗᵕ⁎ )