Before

After


武蔵小山から大井町店にご来店です。
シルバーの本体とバチカンを繋ぐマルカンが取れています。
通常は壊れた箇所をバーナーの熱でくっつけますが(ロー付け)、
プラチナやゴールドと違い、シルバーは火で地金全体を温めないとローが流れて接着されません。
今回のように石が付いていると、伝わった熱で石が壊れてしまいます。
その場合は
①一旦、石を外す
②バーナーで壊れた箇所の溶接
③石の留め直し
という手順で修理します。
しかし今回は地金が石に覆いかぶさるよう一周かかって留まって
いるために(覆輪留めといいます)、石を外すことができません。
お持ち頂いたお客様も他店で修理を断られたそうです。
通常は難しい修理ですが当店では直すことができます。
こういった修理にはレーザー溶接機というものを
使います。
レーザーで地金を瞬間的にピンポイントで溶接できるので
石にもダメージを与えず直すことが可能です。

金額です
☆レーザー溶接1か所¥6,000
※別途消費税がかかります。

※こちらの事例と似た修理リフォームのお問合せの際には、【投稿日】と【タイトル】をスタッフまでお知らせください( ⁎ᵕᴗᵕ⁎ )