突然ですが、弊社では過去の経験則に基づき、装身具に纏わるもので技術的に可能であると
判断できれば、ご希望内容によってはお手伝いすることはままございます。
モットーとしては修理・加工屋として、やれることはやるというスタンスですね。
今回はそういった内容を体現したケースではなかろうかと思います。
あるご夫婦の奥様からのご依頼で、先日お亡くなりになられたお義母様の形見であるリングをサイズ調整して
さらにご遺骨のごく一部をリングの中に埋めてくれないか?という内容でした。
リングのサイズ調整についてはシルバーなので問題ありませんが、
ご遺骨を埋めるというのはまだ経験したことがありません。
しかし最近弊社では樹脂によるサイズ調整などのテストをしており、その樹脂が使えると分かり、諸々の注意点を
先に申し上げ、ご了承いただけたので、特別にお受けいたしました。
幸いリングに厚みもありますので、少し掘り下げて埋めるためのスペースは確保できそうです。
ご使用にあたっての注意点とは樹脂は熱に弱い一面があるので、日常のお風呂、シャワー他サウナやプールなど
水や高温を避けていただくことです。
サウナなどで付けたままにすると、樹脂が柔らかくなり固めたところが緩んでしまう恐れがあるためです。
※メーカーによる説明では、日常のお風呂程度は問題ないとしていますが、念のため避けていただいた方がいいと思います。

これがそのリングで、画像奥が樹脂で固めた部分です、樹脂は無色透明ですが、ご遺骨が入っているので少し
色がついてますね。
手前にうっすら見える線がロー目と呼ばれるサイズ調整の痕です。
この線を挟み画像手前側には刻印が打たれていたので、今回はその反対側で加工いたしました。
聞くとこによるとこのリングはお義母様と一緒にいった彫金教室でお揃いで作って、その日付が刻印されている・・・
とのことでした。良好なご関係だったことが伺い知れる一端ですね。

このように河原宝飾では貴金属の修理・リフォームのご相談はもちろん、アクセサリーなどでも簡単な修理であればお受けいたします。
これからも装身具に纏わる、より幅広いニーズにお応えしていけるように日々精進していきます。

今回の金額は5000円とさせていただきましたが、ご希望内容や条件などにより異なりますので
その都度気になることがあったら、メールでも店頭でもご相談ください。