御徒町店です。

リングのサイズ調整について・・・
リングのサイズ調整は毎日のようにご依頼いただいていますが、サイズを拡げる時はほとんどの場合
一度リングをカットして、伸ばしたいだけの地金(主にK18かPt900)を入れて、再度溶接し形を整える・・・
という工程なのですが、結婚指輪なので縁起も含めてどうしても切りたくない!や
表のデザインが気に入ってるから途切れるのはやだな・・・などの場合に限り切らずに伸ばすこともございます。
1つは内側から大きな力を加えて無理やりリングを拡げてしまう方法です、この場合
厚みや幅が均一で、石などがない場合で1号~1.5号程度までなら拡げることができるものもあります。
もう一つは、同じく条件は限られますが内側を削って、拡げと同等の効果を得ようという方法です。
この場合は言わずもがなですが、厚みがないとできません、あと石があるとお断りすることもございます。
諸条件は実際に実物を拝見し、可不可をお伝えいたします。
今回の場合は後者にあたりますね、厚みもあり1号程度なので十分効果を期待できます。

件のリングです、厚みがあり重厚感を感じますね、たくさん小さな石もちりばめられ、通常の方法でも非常に手間と時間と金額がかかってしまいますしこれでは内側から力を加えて伸ばすことはできません。
まさに今回の条件にピッタリです。

元のサイズは#9.5位ですね。
これを回転工具などを使って、少しづつ削って拡げていきます。
やりすぎた場合、後戻りはできませんので慎重に様子を見ながら進めていきます。

指定サイズの少し手前まで来たら、最後に仕上げ工程があるので仕上げながら最終サイズまで
きれいにしていきます。
荒い状態で指定サイズまで削ってしまうと、仕上げで少し大きくなってしまうからですね。
これで#10.5になりました。
内側を削るので、ブランド刻印や任意で入れた刻印などはほとんどの場合全て消えてしまいます。
記念の日付や名前などのアルファベット程度なら再現できますが、ブランド刻印は一切再現できませんので、ご了承ください。
金額ですが、リングの幅・厚み、ご希望サイズなどによって変動いたします
概ね10000~20000円で施工できますが、詳細金額は実際のリング次第となります。