Before

Before

After

After



東京都内から大井町店にご来店です。
「鍛造(たんぞう)」で結婚指輪をペアで作って欲しいとのご依頼です。

「鍛造」とは
型に地金を流し込んで作る「鋳造(ちゅうぞう)」と違い
地金の塊を火で柔らかくして
叩いて、曲げて、溶接して作る
昔ながらの製作方法です。

まさに「一点物」ですので
結婚指輪などはこの作り方を
希望される方が多いです。

Pt900 R FO 02Pt900 R FO 04
加工はまずプラチナの角棒を
バーナーでなまして(火で柔らかくして)
ローラーで延ばしていきます。
今回はメンズは幅3.5㎜でレディースは幅2.5㎜
厚みが両方1.8㎜と指定がありました。
後で仕上げることを考えて
少し大きめの幅4㎜、厚み2㎜の板になるまで
延ばします。

Pt900 R FO 05Pt900 R FO 06
板ができたらリングサイズは14号と10.5号になるように
プラチナ板をカットして丸めます。
断面を整えて
ロー付けをしたら
芯金に入れて真円を出します。
サイズが出ていることを確認したら
ケガキという道具で削る場所に
下書きをします。

Pt900 R FO 07Pt900 R FO 08
全体をヤスリで整えていきます。
形状はシンプルな平打ちリングですが
リングの内側の指馴染み部分は
「内甲丸」といって
アールを付けることで
つけ心地が良くなる工夫がしてあります。
刻印を打って全体を仕上げたら完成です。
シンプルで長く身に着けるのに
ふさわしい指輪ができました。
 
フルオーダーは作る指輪の形状、サイズ、地金相場によって
金額が変動します。
詳しくはスタッフにお尋ねください。


制作方法:フルオーダー(鍛造)


金額です。

☆Pt900 平打ち・内甲丸リング
 (メンズ 14号・レディース 10.5号) 

合計¥190,000
※別途消費税がかかります。

※こちらの事例と似た修理リフォームのお問合せの際には、【投稿日】と【タイトル】をスタッフまでお知らせください( ⁎ᵕᴗᵕ⁎ )