Before

Before

After

After


東京都内から大井町店へご来店です。
以前持っていたピアスをなくしたので
同じものをK18で作って欲しいとのご依頼を受けました。
その形というのが
・三角錐(ピアラミッドの底辺が三角形)の中にほぼ同じ大きさの三角錐が入っている
・大きい三角錐と小さい三角錐の頂点は繋がっていて動くと揺れる
とのことでした。
更に三角錐とピアスの間に1cmのチェーンを入れて
さらに動きのあるピアスにしたいとのこと。

K18 PI FO 03
言葉だとイメージしずらいので
希望の寸法を聞いて写真のサンプルをシルバーでつくりました。

バチカンがついているのは後日サービスでペンダントにしたからです。
この後、ピアスと揃えられるように金メッキをかけてお渡ししました。
三角錐がほぼ同じ大きさで動くと当たってしまうので
使う丸線を細いものに変更したりと
うまく揺れるように作るのに苦労しました。

サンプルを作ると時間はかかりますが
お客様と自分のイメージに違いがないか確認できますし、
材料のロスがなくなり
作りの問題点も発見できて
本番での失敗がなくなります。

お客様に見てもらい納得していただいたのでK18での加工に入ります。
マルカン・ポスト・チェーン・シリコンキャッチ以外で使った材料はBEFOREの写真の丸線だけです。

K18 PI FO 04
1,大小の三角錐2個を作れるように
丸線を同じ大きさにカットします。

K18 PI FO 05
2,レーザー溶接機で溶接して
三角錐を作ります。

K18 PI FO 06
3,大と小の三角錐を繋げて
マルカンを付けます。

あとはチェーンやピアスを組んで仕上げて完成です。
お客様には失くしたピアスが前より良くなって蘇った!と
とても喜んで頂けました。

制作方法:フルオーダー
費用です
・K18 φ0.5丸線 40cm ¥20000
・K18 マルカン付きピアス 1PER ¥4000
・K18 シリコンキャッチ 1PER ¥840
・K18 φ0.28角小豆チェーン  2cm ¥1500
・K18 マルカン 2個 ¥600
・加工代 ¥30000
合計¥56940です
※別途消費税がかかります。

※こちらの事例と似た修理リフォームのお問合せの際には、【投稿日】と【タイトル】をスタッフまでお知らせください( ⁎ᵕᴗᵕ⁎ )