ラインアットを通じてご依頼いただきました。

男女問わず、また有名人の中でも多くの方が身に着け、いまだ人気を誇るクロムハーツのリングです。
今回はその中からクラシックオーバルクロスリングのサイズ調整のご依頼をいただきました。
極太、極厚、大振りで細かなディテールが施され存在感抜群です!
そんなリングの元のサイズはこちら

およそ22号といったところですね。
これを今回は3号伸ばします、これだけボリュームのあるリングを伸ばすのは一苦労です。
高温でなまして柔らかくしてから拡張、しばらくすると固くなるので、また高温でなまして拡張・・・
こういった作業を繰り返してようやくご希望のサイズまで拡げます、温めずに拡げようとすると、亀裂や割れの原因にもなりますからね。
ただこの際、既存の黒い部分の燻加工は全て取れて無くなり、銀本来の色(およそ白)1色になってしまいます。
施工後また黒くすることは可能ですが、購入当初のように細部までの再現はできません、わずかに雰囲気は変わってしまいます。
3号分のブロックをかませ、ロー付け(溶接のようなもの)し、丁寧に仕上げをすると


このようになります、画像だとわずかにロー目といわれるロー付けの痕が見えますが、実際にはこれほどは目立ちません。
シルバーのリングやネックレス、シルバー製品というだけで断られることは多くのお客様からお聞きいたします。
確かに手間がかかり、石がついている場合はリスクも伴います。
河原宝飾では石が付いたシルバーリングでも、レーザー溶接機を完備していますので、対応可能です。
他店で断られた経験をお持ちの方がおられましたら、一度河原宝飾にご相談ください。
もしかしたら解決できるかもしれません!

金額です
シルバーリングサイズ調整一式 11500円
※税等別途
※金額は一律ではありません、諸条件により変動いたします。

※こちらの事例と似た修理リフォームのお問合せの際には、【投稿日】と【タイトル】をスタッフまでお知らせください( ⁎ᵕᴗᵕ⁎ )