Before

After


ミル打ちは指輪の両端に細かい凹凸を付けます。
縁取りをはっきりさせますので高級感がでますね。
打ち方には機械打ちと手打ちがありますが、機械打ちで出来る指輪は限られてきます。
甲丸リングとか平打ちリングの真円のリングのみです。
画像のリングはプラチナの甲丸リングですので機械打ちでやりました。
今回は新品仕上げ(¥3,000)をせずにやりましたが、やった方が綺麗に仕上がりますね。

金額です
☆プラチナ指輪両端ミル打ち加工(機械打ち)¥5,000
※別途消費税がかかります。

※こちらの事例と似た修理リフォームのお問合せの際には、【投稿日】と【タイトル】をスタッフまでお知らせください( ⁎ᵕᴗᵕ⁎ )