今回はあまり頻繁に来るわけではありませんが、意外にお困りの方が多くご依頼をいただくことがある象牙のクリーニングについてのご紹介です。

ビフォー


長年の使用に伴い皮脂汚れ、それに付着するホコリ、紫外線の影響なども手伝いかなり黄ばんでるように見えます。
レンズ越し、PC環境の違いからか、画像よりも実物の方がもう少し黄ばんでいる印象です。
これをクリーニング液に漬け込みます、時間は一定ではありませんので、ちょこちょこ様子を見ながらいい頃合で取り出し洗浄します。

アフター



ごらんの通りかなりきれいになりました。
ただ、画像からでも分かりますが、汚れや変色の全てを落としきることはできませんのでご了承ください。
また、液体に全体を漬けるので例え直近で糸交換をされていても、併せて糸の交換もお勧めさせていただきます。

クリーニング+糸替えでおよそ6000円(税・送料等別) となります。※長さなどにより変動します。

長年黄ばみが気になっていた方、一度クリーニングされてみてはいかがでしょうか?

※象牙は非常にデリケートな素材のため、漂白後は、色やツヤ・質感が変わり独自の光沢が落ちる場合もございます。またザラっとするような手触りになることもあります。漂白後は、元の状態には戻せないこともあり、事前に対面でご説明し、ご承諾いただいた上で加工に進められますので、あらかじめご了承ください。

※こちらの事例と似た修理リフォームのお問合せの際には、【投稿日】と【タイトル】をスタッフまでお知らせください( ⁎ᵕᴗᵕ⁎ )