東南アジアクラスプ①

Before①

東南アジアクラスプ②

Before②

 

東南アジアクラスプ③

After①

東南アジアクラスプ④

After②


武蔵野市から三鷹店へご来店です。
中国・東南アジアでよくみられる留め金の修理をいたしました。

金額です。
☆ロー付け2か所 ¥4,500
☆型バランス調整 ¥1,500
合計¥6,000
※別途消費税がかかります。

中国や東南アジアでよく見かける留め金です。
日本ではあまり見かけませんね。S字フックと呼ばれています。これの使い方が変わっていまして、

まずひねって・・・

チェーンを抜いて・・・

またひねって元に戻す


このような形でチェーンをつけ外しします。広げるのではなく、ひねるのですよ、ひねる。
必然的に何回もひねるので、こうして折れてしまったというわけですね。

今回はお客様のご希望で、折れた側はもう2度とひねりたくないとのことで、
折れたところ以外にも、ひねる口の部分も閉じるように溶接しています。
After②の矢印の2か所ですね。
また、こちら中国でお買い上げになったそうで、金の純度を表す刻印がありませんでしたが、
比重計で調べたところ、留め金が22金、チェーン部分はなんと純金でした。
日本では18金が主流ですが、中東や東南アジアは純金や22金が多いですね。
18金より純度が高く、柔らかいので、形を崩さないように慎重に溶接します。

何とか形を整え、完成いたしました。
これもお客様のご希望で、留め金の真ん中にペンダントを入れたいとのことで、
真ん中部分を若干広げています。

お客様にも満足いただけたようで、完成品をご覧いただいて、
ここに持ってきて良かったとおっしゃってくださいました。
誠にありがとうございます。

※こちらの事例と似た修理リフォームのお問合せの際には、【投稿日】と【タイトル】をスタッフまでお知らせください( ⁎ᵕᴗᵕ⁎ )