18金の指輪加工前

Before

18金の指輪加工前

Before裏側



18金リングAfter

After1

18金リングAfter

After2


門前仲町店にリング修理でご来店頂きました。
40年大切に使っていた18金リングの腕部分が切れてしまったと、お困りでした。
切れた部分をよく見ると、とっても薄くなっているのがわかります。
(画像【Before裏側】)
溶接はできますが、修理後、再度切れるリスクは高くなります。
大切なリングとのこと。直してすぐに切れたら、悲しいですよね。
そこで、腕の部分を取り換えるご提案をしたところ、
ご快諾頂きました。
腕の部分は、金貨に合わせてフルオーダー加工で作りました。

制作方法:フルオーダー加工(ワックスキャスティング)

1.ゴム型を作り、
2.ワックスパターンを作り、
3.金で鋳造します。

IMG_0869

鋳造から上がってきた指輪に、コインを留め、仕上げをしたら完成です。
腕は少し絞る・厚みを1mm~1.2mm・幅は3mm程度、など
細かなサイズ調整をしっかりして、大変指馴染みの良い
腕部分が出来上がりました。


金額です。

加工代
ワックス加工・・・60,000円
K18地金代・・・・7,0000円
キャスト代・・・・16,000円
(鋳造加工代、コイン留め代上記に含む)
合計146,000円
※別途消費税がかかります。
※切れた18金リングの下取り分がありますので、もう少しお安くなります。


指にはめて仕上がりを御確認頂いたあと、
とても喜んで頂けました。
これからまた、大切に使ってくださるそうです。