バネがきいていない

バネがきいていない

分解

分解

バネがきいている

バネがきいている



スマホでHPを見て、門前仲町店にご来店頂きました。
40年大切にしてきた、ワニグチクリップタイプのタイピンの、バネが壊れてしまったそうです。

通常、バネの修理は出来ないパターンが多い為、ほとんどお断りするのですが、
今回は、非常に大切な思い出のお品物とのことでしたので、
一旦お預かりして、職人(ヒロ河原)が時間をかけて修理出来るかチェックしました。
➝その後修理可能、と判断したので加工を引き受けました。(※)

料金です。
バネ修理一式(バネの芯棒部分はk18使用)・・・5,000円

※別途消費税がかかります。
※芯棒に18金を使っている理由は、他の素材に比べて加工がスムーズにいくこと、また、強度面でも安心できることから使用しております。

受取りにご来店されたお客様は、とても喜んでくださいました。
K18仕様という点も喜んでくださいました。
「死ぬまで使えそうだね」
と、笑顔でおっしゃたので、とても嬉しかったです。

(※)申し訳ありませんが、バネの場合、修理が出来かねる場合もございますので、予めご了承ください。