クロムハーツのクロスのペンダントです

Before

After


地元横浜からご来店です。長く使用しているクロムハーツのペンダントトップのバチカン(ネックレスを通す部分)が擦り減ってしまい、この部分の修復をご希望です。

Before画像のとおり、バチカンがネックレスと擦れてかなり摩耗しております。この状態ですと、ちょっとした衝撃でも簡単に折れ、ペンダントトップが落下してしまう可能性があります。こちらの部分を補強するという形で受注となりました。

方法としては、擦り減ってしまった部分を切り取り、新たにシルバーの地金を用意し、溶接して補強いたします。溶接については、通常どおりバーナーを用いた場合、燻しの剥落、色むらの発生など、ペンダントの雰囲気が変わってしまう可能性があったため、影響の少ないレーザー溶接機を使用して行いました。

金額です。
シルバー地金作り:5,000円
レーザー溶接:10,000円
合計15,000円
※別途消費税がかかります。

シルバーは加工が難しいことから、修理をお断りされるケースも多いようです。今回のお客さまも他店ではお断りされてしまったとの事で、納品時にとても喜んでいただけました。

この他、シルバーリングのサイズ直しやネックレスの切れ修理、燻し加工なども承っております。お困りの方は、ぜひ一度ご相談ください。