Before

Before

After

After


秦野市よりご相談をいただきました。お手持ちのスペサルティン・ガーネットと、ダイヤモンドのルースを使ってシルバーのリングを作成したいとのご依頼です。

使用する地金がシルバーであり、かつ石も複数、サイズもあったことから、既成の枠を使用したセミオーダーでは対応できませんでした。

そこで、当社のオリジナルリングの型からリングを作成し、そこに石のための枠(シャトン)を挟み込み溶接する、という形を採ることにいたしました。

ベースとなるリングの型については、当社スタッフに選択をお任せいただき、受注となりました。

まず、シルバー地金の枠のご用意がなかったため、オーバル(楕円形)のスペサルティン用の枠と、ラウンド(円形)のダイヤモンド用の枠を仕入れます。

そして型を元にリングを鋳造し、その後、枠の形にリングの腕を削って、枠をはめ込めるようにします。この時、枠のサイズが石より少し大きかったため、枠も一度カットし、適正な大きさに矯正しました。

また同時に、枠の裏側がリングの弧に沿うよう、少し削っております。

最後に、枠をリングに溶接し、石を留めて完成です。

金額です。
【スぺサルティン・ガーネットとダイヤモンドのルースを、1本のシルバーリングへリフォーム】
費用一式:26,000円
※別途消費税がかかります。

力強いオレンジレッドの色合いを存分に楽しめる、シンプルで使いやすいリングに仕上がりました。

スペサルティンも輝きの強い良質な一石で、サイドストーンのダイヤモンドにも、まったく引けを取りません。

お買い上げいただいたルビーのネックレスと共に

お買い上げいただいたルビーのネックレスと共に


石の美しさが際立つ無駄のないデザインとなり、大変お喜びいただけました。

河原宝飾では、このようにシルバー地金のリングの制作も承っております。

ぜひご相談ください。