YUKI COMPLETEYUKIJYUSHI

AFTER①PENDANT

AFTER①PENDANT

AFTER②RING

AFTER②RING

YUKISOKUMEN
大井町店にて「ジュエリーCAD」を使って
雪の結晶をモチーフにした
ペンダントとリングを作りました。
サンプルなので素材はシルバーとキュービックジルコニアです。

1、雪の結晶をモチーフにして、できるだけシンプルに
2、石留めが簡単で、仕上げが楽なデザイン
3、小さく、軽くして地金代を抑える
4、小粒ダイヤを取り巻きにして華やかに
と、色々なテーマを盛り込んでいます。

mira-1mira- 2
作り方はまず結晶パーツの1部を作ります。
これを「環状配列」という機能で
画面中心に対して円状にパーツを5個コピーします。
余計な部分を消して6個のパーツを結合させたらデータは完成です。
左右対称なデザインは手で作ると大変ですが
CADだと本当に楽です。

YUKI SHISAKUYUKI COMPLETE>
最初に作ったサンプルは造形屋さんに見てもらったところ、
細くて造形が出来ない可能性があるということで修正になりました。
修正といっても
作ったパーツはパソコン上に保存してあるので
1から作る必要はありません。
修正は数時間で完了しました。

CADは厚み0.3mm以上ないものは造形できないので
強度も考えて中心にギュッとさせた結果、
可愛らしいデザインになりました。
出来上がったデータはメールに添付して
造形屋さんに送って造形・ゴム型取り・WAXパターン製作を依頼します。

YUKIJYUSHIYUKIGOMUGATA
造形から上がった樹脂・WAXパターンを確認して大丈夫なら
今度は地金屋さんに鋳造を依頼します。

YUKIPA-TSUYUKIRO-TSUKE
鋳造から上がったシルバーを磨いていきます。
ペンダントは丸カンを溶接するだけですが
リングでは
雪のパーツは「取り巻きダイヤ」部分になるので
腕との間に強度の補強のための「腰」を付けます。
今回はサンプルなので1から作ると手間を省くため
既成の六本爪石座を拡げて代用しました。

YUKIISHITOMEYUKISOKUMEN
石留め、仕上げ、メッキをして完成です。

雪の結晶のパーツは金やプラチナで作ることもできますので
興味のある方は大井町店にお問い合わせください。

このペンダントと指輪は大井町店で展示してあります。


制作方法:フルオーダー(3D CADで原型を作る方法)


金額です。
デザイン、地金タイプ(プラチナ、ホワイトゴールド、イエローゴールド)含めて、問い合わせ、相談ください。

※こちらの事例と似た修理リフォームのお問合せの際には、【投稿日】と【タイトル】をスタッフまでお知らせください( ⁎ᵕᴗᵕ⁎ )