SVカフス

Before

SVピアス

After


埼玉県より、門前仲町店に宅配リフォームの御依頼でした。
お父様が遺されたカフスを、ピアスにされたいとのこと。

数点、送って頂きましたが、残念ながら、貴金属表示の
ないものや、シルバー表示とメッキ刻印が一緒にあったり、
石に経年劣化(かけ・割れ)が見られたり、と、
通常は、加工をお受けできかねるものだったので、
御依頼当初、1度お断りして、お客様を落胆させてしまいました。
(特に、このような大切な想い出のつまった品ですと、
加工途中で万が一何かあっても、代替え品での交換は
できませんので、加工をお断りさせて頂きました。)


お客様から、再度、
どうしてもお父様との想い出のものを身に着けていたい、
という、切ないご要望を頂きました。

そこで、なんとかお力になれないか、と職人と改めて協議し、
加工途中のリスクをお伝えし、何かあった場合には、
そのままの状態でお返しすることにご了承を頂きましたので、
比較的リスクが少なそうな、こちらのカフスを、
ピアスにリフォーム致しました。

金額です。
・カフス 切断研磨加工・・・3,000円
・シルバーピアスポスト・キャッチ・・・1,000円
・レーザー溶接・・・9,000円
・ポイントメッキ・・・1,000円
合計14,000円
※別途消費税がかかります。

大き目のカフスなので、フック部分を切取った後、
研磨してよく慣らし、ポストを溶接しました。
カフスは、シルバーにメッキがかかったものでしたので、
ポスト溶接をした場所が、汚く仕上がる可能性がありましたが、
(事前にお客様にご了承頂き加工スタートしました)
加工後、とてもきれいに仕上がっていたのでホッとしました。

後日、わざわざ御礼のお電話を頂きました。
とても喜んでくださっていたので、私どもも本当に嬉しかったです。
有難うございました。

カフスピアスを、お嬢様にずっと大切に身に着けてもらえて、
お父様も、とても嬉しいだろうなぁと感じました。

※なお、通常シルバーではない製品のリフォームは受付できかねます。
今回は、加工中のリスクを十分にご理解・ご快諾頂いた上で、
加工を受け付け致しました。

河原宝飾