Before

Before

After

After




江戸川区から門前仲町店へ、たくさんのジュエリーの売却でご来店頂きました。
ただ1点だけ、昔オーダーメードでK18WGで作られたイヤリングを手放すかどうか最後まで悩まれていました。

刻印はあるのですが、お写真にあるように、メッキがはげて黄色味が出てきていて、なんと所々緑青も出てきています。
磁石にもバッチリと反応があり、試金石でも消えてしまい、買取も基準外になるお品物でしたので、
思い切ってメッキをかけ直してみるのは?とご提案しました。

ただし、刻印に反してメタル系の金属なら、メッキがのらない、もしくは汚くなる可能性もございます。
その場合、元の状態でお返しすることは不可能です。

その点をご説明したところ、お客様から
「ダメ元でいいから、やってみて」
とのご了承を頂き、メッキ加工に進みました。

金額です。
メッキ・・・4,000円
合計・・・4,000円
※別途消費税がかかります。

結果は、とてもきれいに直すことができました。
やはり、金属に特殊なコーティングが施されていたようで、メッキの前には職人が磨きをかけるのですが、
時間をかけて丁寧に磨いても、落としきれない部分があったようです。
それでも、元の状態からすると、見違えるほど美しいイヤリングに生まれ変わりました。

イヤリングを受け取ったお客様は、

「こんなに綺麗にしてくれてありがとう」

と喜ばれて、そのままつけてお帰りになりました。

メッキ加工は、金属や宝石によっては受付すること自体出来ないこともあって、
その時は、ご足労頂いたお客様には、申し訳ない限りですが、
加工にすすめれば(成功すれば)とても綺麗によみがえります。

お困りでしたら、一度、河原宝飾へご相談ください。