kansei


横須賀市より、横浜店へメールでのお問い合わせです。お誕生日にプレゼントするための、ダイヤモンドのリングを作成したいとのご相談です。

ルースでお持ちのファンシーカラーのマーキスカットのダイヤを中石に、お持ちのペンダントトップについているメレダイヤ2ピースを脇石にし、18金地金のリングへのリフォームするという形でご依頼いただきました。

通常、このようなケースはメーカーのカタログからデザインをお選びいただき、そちらに石を留める形をとることが多いのですが、今回は脇石の石留めのご要望があったことから、メーカーのデザインのものでは厚みが足りないため石留が不可能と判断し、当店で一から作成することに致しました。

金額です。

18金ダイヤリング
‐制作一式(腕作成、シャトン枠用意、石留め、溶接、仕上げ込み)・・・・・70,000円
※別途消費税がかかります。

まず、リングの形を作ります。地金を繰り返し加熱し、柔らかくしながら、刀鍛冶のように少しずつハンマーなどの工具で形を整えていきます。

ようやく円形になりました。赤い点はメレダイヤを留める予定の位置です。

ようやく円形になりました。赤い点はメレダイヤを留める予定の位置です。


次に、シャトン枠(石を留める枠)を用意します。シャトン枠は、上の画像の中心部に挟み、両側を溶接します。

そして石留めを行います。中石は枠にはめて、慎重にツメを石にかけていきます。メレダイヤは、シャトン枠の両側に少し穴をあけ、彫り留めという形で石留めしました。

最後に仕上げを行います。工期が短く、大急ぎでの制作となりましたが、良い出来栄えに仕上がりました。

お客様にお送りしたところ、とてもご満足をいただけたようで、丁寧なお礼のご連絡をいただきました。当店としても制作した甲斐があった、と嬉しく感じております。

今回のように、メーカー製品のデザインで対応ができない場合や、ご希望のデザイン案をお持ちの場合は、セミオーダー/フルオーダーでの制作も承っております。リフォームをご検討される際には、ぜひ一度、河原宝飾までご相談ください。