Before

Before

After

After


横浜市港南区から横浜店へのご来店です。銀色のネックチェーンが切れてしまったので、補修してほしいとのご相談です。

調べてみると、地金素材は金、銀、プラチナなどの貴金属ではなく、何らかの金属に銀メッキがかけられているものとわかりました。

通常、金具でない部分を補修する場合は溶接が必要となりますが、こちらのチェーンは地金素材が貴金属ではございません。よって溶接加工時の熱で溶けてしまう可能性がございますので、普段はお受けしておりませんが、今回はお客様の強いご要望があったことから、破損の可能性がある旨をご了解いただいた上での受注となりました。

通常はチェーンのコマを切ってつなぐ方法を採りますが、今回はチェーン本体の加熱ができないため、銀の丸カンでチェーンをつなぎ、溶接することにいたしました。銀は非常に熱を伝えやすい金属ですが、丸カンは細いため比較的熱が伝わりにくく、一瞬強い火を当てることで溶接することができます。

金額です。
銀色ネックチェーン切れ補修
‐銀丸カン・・・・・20円
‐丸カン溶接・・・・・3,500円
合計・・・・・3,520円
※別途消費税がかかります。
※チェーンの種類やサイズによって金額は変動します。

赤いしるしの位置でつなげています

赤いしるしの位置でつなげています


上図のとおり、つなげた箇所が殆ど目立たないように補修することができました。思い入れのあるお品だったということで、お客様にもとても喜んでいただけました。

貴金属を用いていないアクセサリーの修理は難しく、お店に持ち込んでも殆どの場合は修理を断られてしまうかと思いますが、河原宝飾では貴金属ではない場合でも、通常とは異なる方法での修理をご提案できる場合もございます。

長年ご愛用のアクセサリーが破損してしまった際などは、ぜひ一度河原宝飾までご相談ください。