Before

Before

After

After


横浜市中区から横浜店へのご来店です。ネックレスとして使用していた18金のチェーンが切れてしまったので、補修したいとのご相談です。

拝見すると、ひも状の金が編み上げられた、パイプロープと呼ばれるタイプのチェーンでした。

このタイプのチェーンは、内側が空洞となっており、その分火に弱く強度も低いため、加工には格別の注意が必要です。

補修方法としては、切れた箇所をならし平らにしてから、切断面同士を溶接する形となります。この際に、溶接個所はロウ(溶接材)によりカタマリとなる可能性があり、その点をご了承いただいた上での受注となります。

金額です。
パイプロープチェーン切れ補修
加工一式:6,000円~
※別途消費税がかかります。
※チェーンの太さ等条件によって金額は変動します。

赤いしるしが補修箇所です

赤いしるしが補修箇所です


結果、Afterの画像のように、溶接個所はカタマリとなりましたが、全体から見ると殆ど目立たないように仕上げることができました。

この他、ボールチェーンやベネチアン、非常に細いチェーンなどでも同様に溶接個所がカタマリとなる前提での受注となりますので、よろしくお願いします。