Before

Before

After

After



品川区から大井町店へご来店です。
琥珀リングをペンダントブローチにリフォームいたしました。

金額です。
K18琥珀リングペンダントブローチリフォーム
-加工費用 17,000円
-ロンドピンパーツセット 14,000円
合計 32,000円
※別途消費税がかかります。

お客様曰く、リングとしての形は気に入ってはいるものの、
大きさがありすぎて指輪としては使いづらいとのことでした。
なので今回はブローチとペンダント共に使用できるようにする「ロンドピン」をお勧めしたところ、
気に入っていただけましたので、そちらでお作りすることになりました。

リングの腕と呼ばれる部分を切った後、
ロンドピン金具を溶接するのですが、溶接時の熱で琥珀が割れる可能性がありますので、
1度琥珀を外してからの作業となります。外すときも割れやすいので大変な作業です。
ピンが枠に対してしっかり平行になるように、慎重に溶接します。
うまく溶接できたら再び琥珀を石留します。この時も割れやすいので注意ですね。



画像を見ていただくとお分かりになると思いますが、針の根元に空間があると思います。
ここにネックレスチェーンを通すことができるようになっています。
なのでペンダントの場合がAfterの画像の向きになり、ブローチの場合は左に90度回転させた向きになります。
使用形態によって雰囲気が変わるのも魅力ですね。