今回は、お客様よりご質問をいただくことの多い、リングのサイズの伸ばし方についてご説明いたします。例として、ダイヤモンドが付いた、18金製リングのサイズ伸ばしを行います。サイズは9号から11号への2号アップです。


まず、今までにサイズ直しが行われているかどうかを確認します。ダイヤモンドに熱が伝わらないようにしながら、バーナーにて腕の下部を熱します。

上画像のとおり、リングの腕の中央付近に、筋が一本見て取れるかと思います。これがサイズ直しの際に溶接をした痕で、ロー目と言います。このリングはロー目が1か所だけですので、過去にサイズを伸ばしたのではなく、縮めたと推察されます。伸ばした場合は、挟んだ地金の両端を溶接するため、ロー目が2か所となります。



ロー目の箇所を鋸刃で切ります。
2号(2ミリ)分開きますが、ダイヤが留められた箇所の地金は非常に薄い為、この部分をいじる事は出来ません。石座から少し離れた部分より下を広げます。



広げた箇所に18金の地金を挟みます。地金は2号分(つまり、長さは2ミリ)ですが、ロー目切断時に鋸刃の厚み分、リングが短くなっているため、長さは2.2ミリで用意します。尚、挟む地金は、仕上げ時に調整を効かせられるようにするため、幅、厚みをリングの切り口より大き目にします。



挟んだ地金を溶接します、溶接箇所は、地金の両端の2か所になります。



はみ出している地金部分をきれいに仕上げます。

ダイヤ部分を広げる事が出来なかった為、卵型の楕円になっているのがお分かりになるかと思います。

この様に、リングのデザインによっては綺麗な円(真円)に仕上げる事が出来ない場合があります。

また、このリングのように、腕を部分的にしか動かすことのできない指輪は、3号伸ばしが限界です。これは、無理をすると極端な楕円になってしまい、見栄えも悪くなるうえに、最悪の場合、着用しづらくなってしまう可能性があるためです。

以上、リングのサイズ伸ばしの方法です。この他、器械を使用し内側から広げる、あるいは内側を削る、などの方法がございますが、基本的にはこのように一度切断し、そこに地金を挟む形で行います。

ちなみに、今回の記事で行ったサイズ伸ばしの料金は、以下のとおりです。
【18金ダイヤモンド付きリングサイズ伸ばし(2号)】
サイズ伸ばし基本料金:2,500円
追加料金:3,600円(石付き・特殊)
18金地金代(2号分):1,400円
合計:7500円
※別途消費税がかかります