Before

Before



川崎市より大井町店へのご来店です。
シルバーリングサイズ縮めのご依頼をいただいたのですが、
絶対条件としてカットせずにどうにかしてほしい、とのことです。

基本的に縮め・伸ばしはいずれにしてもカットしての加工が前提となりますが、
今回のように特別にご依頼いただいた場合は別です。
サイズ縮めの場合、内側に厚みを持たせれば縮んだことになりますので、内側に板を張り付けます。
サイズの調整は板の厚みで行います。
違和感を感じるのでは?という懸念もあるかもしれませんが、
身に着けるとほとんど気になることはございません。
見た目の変化だけは避けられませんが・・・。

外見を変えずにサイズ直しする方法は現状これしかありません。
デザインなど、どうしても変えたくないといった場合にはお勧めです。

After

After



まずは板を切り出します、内側全体の大きさは必要ありません、一部で大丈夫です。
これを4点仮止め→リングと板地金を溶接→さらに補強で銀を流し込む→軽く成形の流れで作業します。
お時間いただくことになりますが、場合によっては、その場で直接合わせながら微調整ということも可能です。

今回はわずかな微調整で済み、納品できました。

金額です。
-サイズ縮め板張り工法 20,000円
※程度、難易度により変動いたします。
※別途消費税がかかります。