Before

Before

金具をチャームに溶接する

新しい金具をチャームに溶接

After


※背景色や光の加減でパールの色が変わって見えています。ご了承ください。

中央区から門前仲町店にご来店です。
ペンダントのパールが、コロンと抜け落ちてしまうとのこと。
去年も夏に修理にいらっしゃった方でした。

元々、パールが糊付けされている金具が、極端に短いのが【Before画像】よりわかります。
これでは、大きなパールの重さで抜けやすくなってしまいますね。
前回もお伝えして、金具を大きくするご提案をしましたが、そのまま糊付けだけでOKとのことで、修理したので覚えていました。

今回は、金具を大きくしました。
ノリが付く部分も長い為、前回よりは強固になっています。

金額です。

K18大き目金具(59BK)・・・3,180円
金具のマルカン部分ロー付け・・・2,000円
パール糊付け・・・500円

合計5,680円

※別途消費税がかかります。
※取替えた元の金具は下取りしたのでもう少しお安くなりました。

暖かい蒸気にあてたり、水やお湯に入れると、強固なパール用接着剤もゆるんでしまうので、ご注意ください。