横浜市内よりお越しいただきました。

リングの腕が長年の使用も手伝い薄くなり、サイズ調整した箇所が割れてしまったとのことです。
今後のことも考え、既存の薄くなってしまったところを厚み・幅共に増したいというご依頼です。


カットした状態、時計の6時に当たる箇所が今回割れてしまった箇所です。
厚みも僅か0.5ミリに満たないほどでした、これを先ずはご希望の幅・厚みの箇所で切り取ります。


今回新たに足す腕に当たる部材です、金の板を曲げて加工してあります。
厚みは約1ミリ強、幅は約4ミリほどです、違いは一目瞭然ですね。


仮付けした状態、まだ幅も厚みもあってませんので、これから整形していきます。




整形終了状態。
厚みも幅も増して、強い作りになりました。
これで、今後長く使っても割れることはないでしょう、併せてサイズも#13に調整してあります。

金額です。
金地金 約2.5g 12500円
加工一式 18000円
計 30500円
※別途消費税が加わります。
※金の金額は相場によって変動しますので一律ではありません。
※切り取った地金は買取しましたので、実際のお支払額はもう少し下回ります。

金でもプラチナでも、使用に伴いすり減りは避けられません。
結婚指輪など毎日つけているものは、購入時より僅かではありますがすり減っています。
たまには外してみて不安があるようでしたら、是非ご相談下さい。