Before 1

Before 1

Before 2

Before 2


秋田県よりLINE経由でご依頼をいただきました。パナマの100バルボアコイン(K21.6)のペンダントから、風防のガラスを外し、コインをフレーム(K18)に直接溶接したいとのご相談です。

コインペンダントは、表面の保護等のためにコイン部分がガラスでおおわれていることが多く、ペンダントを着用したまま入浴されたりしますと、ガラスの隙間から水が浸入してしまいます。

ガラスを外し、フレームに直接コインを溶接することで、この問題は解決することができますが、ただし、コインとフレームの溶接個所周辺については、高温による変形や破損などが起こる可能性があり、この点をご了解いただいた上での受注となりました。また、ネックレス留め金具のセーフティがゆるくなっているので、この補修も承りました。

加工料金です。
コインペンダントからのガラス外し、およびK21.6コインをK18フレームに溶接
-ガラス外し:2,000円(ガラスが片面のみの場合は1,000円)
※外れにくい場合は金額が変わる可能性がございます。また、場合によってはガラスが破損する可能性もございます。
-コインをコインフレームへ溶接:7,000円
-セーフティ補修:1,000円
※溶接にかかる料金は、コインの種類やサイズにより変化します。
合計:9,000円
※別途消費税がかかります。
※ご来店が難しい場合は、別途送料、代金引換手数料などが発生いたします。

After

After

After 2

After 2


少々わかりにくいのですが、コインとフレームの境目、上下左右4か所に、溶接痕が確認できます。ほぼ目立ちませんが、フレームへの溶接を行いますと、このような痕は必ず残りますので、あらかじめご了承ください。また、ガラスについては、キズもなくうまく取り外すことができました。

フレームにコインを直接溶接するという加工はあまり一般的ではございませんが、河原宝飾では、今回のようにイレギュラーな内容でもお受けできる場合がございます。

お困りの際は、ぜひ一度ご相談ください。