少し前にご来店、ご依頼いただいたお客様が、再度ご来店いただきました。
内容は・・・前回修理した反対側が切れてしまったとのことです。

前回の修理内容はこちら

やはりオス側、メス側ほぼ受けるダメージは同じなので、ダメになってしまう時期も重なるのでしょうね。


当然ですが小さいパーツです、見事に使用に伴ってすり減り、ちぎれてしまっていますね。
こうなっては現品を再生するよりも、新しいパーツに変えたほうがいいでしょう。
しかしまるっきり同じように再現はできませんので、ネックレスが使えることを最優先に
少々なら形状が変わってもいいというご了解を得てからの施工になります。


施工後がこちら。
丸カンを留め具にしっかりと溶接しました、これもレーザー溶接機の恩恵の一つでしょう。
金額です
留め具パーツ修理 6000円
※税等別途
※金額は難易度、施工時間などにより変動いたします。

これでオス側メス側両方手を加えたことになりますので、当分の間はご使用いただけると思います。