ラインアットを通じてご依頼いただきました。

10ユーロの銀貨に直接パーツを付けてペンダントにしたい、という内容です。
実物を拝見し驚きましたが、硬貨といっても日常使いされるようなものではなく
フランス国立造幣局とヴァンクリーフ&アーペルが手を組んで発行された記念硬貨でした。


このように非常に特徴的な形と、彫り込まれた美しいデザインのコインです。
使えるのでしょうけど、とても使う気は起きずずっと眺めていたくなるような、繊細で美しいデザインですね。
さすが高級ブランドにふさわしく、細やかなセンスには脱帽です。

施工自体は銀のパーツを本体に溶接して取り付けるので、さほど難易度は高くありません。
しかしコインに直接なので、慎重に位置決め、溶接作業を行いました。
オーナー様の胸元をきれいに飾ってくれることと思います。

メイプルリーフ金貨などは専用の枠がありますが、こういった特徴的なデザインだと専用の枠はありませんので
コイン本体に直接取り付けるのも一つの手段ですね。

金額です。
パーツ代、施工費込 4000円
※別途消費税等がかかります。